D.Mcgregorの「X理論・Y理論」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

マネジメントの理論と持論

社長に限らず管理職になる頃には、「人間観」とでも言いますか、「人はなぜ働くのか?」に対する自分なりの答えを持つようになるのではないでしょうか?

学者の「理論」に対して、実務家の「持論」は、マネジメントや業務の実践を通じて培った自分なりの「仮説」といえると思います。実務に耐えうることを実証された「仮説」とも言えるでしょう。

 

 

X理論・Y理論はマネジャーの持論の集積だった

 

人間観、モチベーションについての理論といいますと、マグレガーの「X理論・Y理論」が有名です。

いわゆる学者の「理論」として認識されていると思いますが、実際には、1950年代アメリカの経営管理者に対する多面的アンケートにより、当時の経営管理者の「持論」を引き出しまとめたものだそうです。

同じ時代、同じ国、同じ管理職でも、異なるタイプの仮説があったことは、非常に興味深いと思います。どちらが優れているとか、上位だとか、善悪の問題ではありません。

 

 

X理論の人間観

 

・ ふつうの人間は生来仕事が嫌いで、できることなら仕事などしたくないと思っている

・ 大抵の人間は、強制されたり、統制されたり、命令されたり、脅かされたりしなければ、きちんと働かない

・ 普通の人間は、命令されるほうが好きで、責任を回避したがり、あまり野心を持たず、なによりもまず安全を望んでいる。

 

Y理論の人間観

 

・ 仕事で心身を使うのはごくあたりまえのことであり、遊びや休暇の場合と変わらない。

・ ひとは自分から進んで身をゆだねた目標のためには、自らにムチを打ってでも働く。

・ 献身的に目標達成に尽くすかどうかは、それを達成して得られる報酬しだいだが、なかでも自我の欲求や自己実現の欲求が重要である。

・ ふつうの人間は、条件次第では責任を引き受けるばかりか、自ら進んで責任をとろうとする。

・ 企業内の問題を解決しようと比較的高度の想像力を駆使し、創意工夫をこらす能力は、たいていの人間に備わっているものである。

・ 現代の企業において、日常、従業員の知的能力の一部しか生かされていない。

 

類は友を呼ぶ、の法則

 

人事コンサルティングの第一人者、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科教授・高橋 俊介氏によりますと、X理論とY理論の真骨頂は、X理論の上司にはX理論の部下が、Y理論の上司にはY理論の部下がつく、そうなってしまうことだそうです。

 

いわゆる「類が友を呼ぶ」ということですね。

 

X理論、Y理論、どちらがあなたの持論に近いでしょうか?

また、あなたは、どんな仲間に囲まれて仕事がしたいですか?

 

先ずは正しい自己認識を持つこと、そして率直なメッセージを発することが、社長が望む人材に出会う近道になるようです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*