三隅二不二のPM理論

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三隅二不二とグループダイナミクス

 

三隅二不二(みすみじゅうじ)氏は、福岡県の出身で日本のグループダイナミクス(集団力学)の第一人者として知られ、九州大学教授、筑紫女学園大学学長などを歴任されました。

 

グループダイナミクス(集団力学)は、クルト・レヴィンが創始した集団における人々の思考や行動等を研究する学問領域です。

 

氏によると、集団には、目標達成機能と集団維持機能の二つの働きがあるとします。

 

前者をPerformanceの頭文字をとってP機能、後者をMaintenanceの頭文字をとってM機能と呼びます。

 

P機能はグループの目標達成のためにリーダーが仕事上の指示や指導をすること、M機能はリーダーが職場内の人間関係をよくするために配慮することを意味しています。

 

実際のリーダーは、P機能だけでもないし、M機能だけでもない、強弱はあっても両方の機能を果たしている指摘します。強弱の違いで2つの機能を組み合わせますと、上図のような4つのリーダーシップスタイルが区分されます。

 

リーダーシップスタイル

大文字はその機能が強いこと、小文字はその機能が弱いことを表します。

 

1.pM型

 

このタイプのリーダーは人間関係重視で、厳しいことを言って雰囲気を悪くするより、和気藹々と仕事をすることを優先します。

 

2.PM型

 

このタイプのリーダーは目標達成のために厳しく指導するだけでなく、メンバーに対する思いやりを欠かさず最もバランスがとれています。

 

3.pm型

 

このタイプのリーダーは目標達成に意欲が無く、人間関係にも注意をはらわない無気力型とも無責任型ともいえます。

 

4.Pm型

 

このタイプのリーダーは営業数字など目標達成には熱心で厳しい指導もいといません。いわゆる「俺に付いてこい型」で、グループのメンバーに配慮を示しません。

 

同氏は、「生産性や部下の満足度」と「4つのリーダーシップスタイルの効果」との関係を調べる実験を行った後に、生産性・部下の満足度が高いのは、PM型として、最も望ましいリーダー像との結論を導き出しています。

 

状況に応じて変わるリーダーシップスタイル

 

実験する前から当たり前の結論のような気もしますが、実際には、その組織が置かれている環境や構成員、経緯などから様々に変わるとも考えられます。特に成長企業においては、そのステージに応じ、リーダーは意図的にPとMのバランスを変えることが求められるのではないでしょうか?

 

あなたのリーダーシップスタイルは、どの型でしょうか?

そして、それは状況にマッチしたものでしょうか?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*