「企業におけるピグマリオン効果」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

 

教師の期待によって成果を出す生徒

ピグマリオン効果は、教育心理学における心理的行動のひとつで、教師の期待によって生徒の成績が向上する現象をいい、1964年にアメリカ合衆国の教育心理学者ロバート・ローゼンタールの実験により報告されました。人間は期待された通りに成果を出す傾向があることの現れとされます。

命名の由来

ピグマリオンという名称は、ギリシャ神話を収録した古代ローマのオウィディウス『変身物語』に登場するピュグマリオン王の恋焦がれた女性の彫像が、その願いに応えたアプロディテ神の力で人間化したと言う伝説に由来するそうです。

なお、教師が期待しない事によって学習者の成績が下がる事はゴーレム効果と呼びます。

このゴーレムとはユダヤの伝説にある意思のない泥人形のことであり、呪文で動き出すのですが、額の護符の文字を1字取り去ると土に戻るという話からの引用だそうです。

 

 

実感があるのはゴレーム効果?

 

ローゼンタールの実験方法には批判もあるようですが、教師と生徒の関係を上司と部下に置き換えてみれば、これに似たことを体験されたことがあるのではないでしょうか。

遺憾ながら、ピグマリオン効果に心当たりのない方でも、ゴーレム効果は納得という向きも多いのかもしれません。社長や管理職が集まると、社員のがんばりに感謝しながらも、人材不足、レベルの低さなど、つい愚痴っぽくなってしまうのも事実でしょう。

中小企業においては、知名度や労働条件などの問題で採用に苦労します。悪しき記憶のためか、折角、入社してくれた社員にも過度の期待はしないよう、ある種のあきらめがあり、社員のパフォーマンスを低下させる一因になっているようにも思います。

 

社長も自己暗示をかけてみる

 

社長の教祖といわれた経営コンサルタント・一倉定(いちくらさだむ)氏は、社長の人材待望論を正す、として「社長が認めるような人材は社長になれる人材、いつまでもポンコツ社長に使われてはいない。いずれライバル会社を起こして弓を引く。残る社員はボンクラに見えても今の社長自身の器に見合う人材、社長の姿勢次第で変化する」と喝破しています。

 

今の社員は自分の器に見合った人材ばかり、社長の成長で如何様にでも変わる、と受取直してみると、過去の苦い経験も吹っ飛んで、もう一度、やってみよう!社員には辞めずにいてくれて、ありがとう!そんな気持ちになりませんか。

社長はピグマリオン効果を信じて自己暗示をかけてみてはいかがでしょう。

 

素敵な勘違いが良い結果を生む

 

優秀な部下を任されたという自負が社長や上司の意欲やコミットメントを引き出すことになり、結果として部下とも良好な関係が築けることになります。

例えば、部下が自分の指導を理解できない場合の対処を考えてみましょう。

優秀な部下を預かった上司は、理解できない理由を自分の指導に求め、理解できるまで改善するでしょう。逆にそうでない部下を預かった上司は、「やっぱり駄目なやつ」と部下の能力のせいにしてしまって、指導もお座成りになります。

この積み重ねが、結果として優秀な部下とそうでない部下を作りだしてしまいます。ここで優秀というのも「そう言われている」程度の話で、事実はわかりません。ある意味、良い思い込みか、悪い思い込みの違いだけなのです。

素敵な勘違いが社員を成長させるなら容易いことではないでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*